任意売却のことなら宮城県仙台市の株式会社フォレストへ

任意売却後の残債

任意売却で住宅を売却しても住宅ローンは残ります。

残った債務は任意売却をした後も支払っていく必要があります。
住宅ローンを返済できない為に任意売却をするのですから、その後に返済を続けることが出来るのか、大変ご心配な点かと思います。
任意売却では売却の過程で、売却後の返済計画も立て直すことになります。
その際、お客様の現在の収入から生活費、養育費などの必要な支出を考慮した上で、月々支払える無理のない金額を設定できる様に努力しております。
債権者も再度の滞納にならないように考慮しているので、通常は柔軟に対応してもらえます。

収入に対する住宅ローンの比重
1.住宅購入時:購入した時は収入と支出のバランスを考慮している為、家計に対して住宅ローンの負担があまり重くなっていない状態です。
2.現在:急な病気や怪我、リストラ、養育費の負担増などの環境の変化により購入時よりも収入が少なくなり、住宅ローンの負担が非常に重くなっています。このまま住宅ローンを払い続けるのは困難な状態です。
3.任意売却後:現在の収入から必要な生活費や養育費などを差引き、その残りの金額から無理の無い返済額を設定いたします。

無担保債権として残った債権は、金融機関からサービサーという会社に譲渡された後、債務者はサービサーと話し合いをすることになります。通常、サービサーは無担保債権を残債務の1~10%で買い取る場合が多いため、債務者は残債務の数パーセント位の一時金を支払うことで残債務の処理が出来る可能性が有ります。また、一時金が無い場合は5千円~3万円位の間での分割返済が出来る可能性があります。

株式会社フォレスト
〒981-3205
宮城県仙台市泉区紫山2丁目32-4
TEL 022-346-0321
FAX 022-346-0322

売買物件・賃貸物件に関する情報はこちらをご覧ください。

フォレストバナー
厚生労働省 法務局 全日保証 裁判所